商圏分析や売上予測で飲食店・美容室・居酒屋など店舗の出店戦略をサポート。商圏分析ソフトの販売も行っております。

立地調査・売上予測の実績

業種や業態の内訳

業種や業態の内訳
jisseki-2
飲食業の業種別内訳
jisseki-1
サービス業の内訳
インターネットカフェ ・ まんが喫茶 ・ カラオケ ・ ゲームセンター ・ DPEショップ携帯電話 ・ 美容院 ・ 理容院 ・ 医院 ・ 歯科医院 ・ 動物病院 ・ 中古車買取自動車修理工場 ・ 公共施設 ・ その他
小売業の内訳
ドラッグストア ・ コンビニエンスストア ・ 惣菜店 ・ 宝飾店 ・ メガネ ・ ビデオゲームソフト ・ 書店 ・ 古書店 ・ リサイクルショップ ・ フラワーショップ和洋菓子 ・ その他※該当する業種がない場合でもご相談ください。

調査エリアの内訳/調査対象の立地タイプ内訳

調査エリアの内訳
jisseki-3
調査対象の立地タイプ内訳
jisseki-4

利用者内訳/売上予測調査と立地調査の割合

利用者内訳
 jisseki-5  ※その他の法人には新規事業として出店を検討している企業や、不動産、コンサルティング会社などが含まれます。

調査対象の立地タイプ内訳

売上予測調査と立地調査の割合
jisseki-6

調査依頼の動機/お客様からの声

<調査依頼の動機は?>
●直営カフェを経営するチェーン企業
社内の店舗開発会議で出店可否の意見が二分したので、第三者である専門家の意見を聞くことになりました。●多店舗展開を目指すラーメン店オーナー
既存店の売上予測調査を依頼しました。その調査結果を今後の出店立地の基準にしていこうと考えています。●カフェを展開するFC本部
出店立地のリスクをできるだけ回避するため、FC加盟希望者には、自社の調査結果とソルブの調査結果をあわせて提示しています。

●主に店舗物件を扱う不動産会社
営業ツールとして、開発物件の調査レポートを契約先に提示しています。また銀行との交渉資料として活用しています。

●FCチェーン加盟オーナー
出店立地で悩んでいた際に、同じチェーンの別のオーナーからソルブを紹介されました。

●コンビニ加盟オーナー
本部の提示する売上予測値が自分の感覚よりも高いと感じたので、専門家に調査をお願いすることにしました。

●経営再建中の外食チェーン企業
勘と経験に頼った出店で失敗しました。今後の出店には外部機関の調査が必須なので、実績のあるソルブに依頼することにしました。

<お客さまからの声>
●和食レストランを検討中のオーナー Aさん
商業施設の中の物件で、ソルブの著作を読んで視界性に難があると感じていました。ソルブに調査してもらったところ、損益分岐点を下回る予測値でした。このレポートをもとに先方に交渉したところ、賃料の引き下げに応じてもらえました(2ヶ月で調査費用を回収できる額です!)。これで損益分岐点をクリアできたので、出店することにしました。●ベーカリーチェーンの開発担当のBさん
住宅街の中で見つけた物件です。スーパーの前ということもあり、月商500万円以上の売上げを期待していましたが、ソルブ予測は月商480万円でした。事業計画を月商400万でも採算が取れるように大幅に見直して、磐石な出店ができました。実績は400万強と、現在のところ順調です。●居酒屋の出店を検討中の個人のCさん
脱サラして開業の準備中、業者に居ぬき物件を紹介してもらいました。住宅地で賃貸条件がよかったため出店可能と思ったのですが、念のため専門家に調査を依頼しました。結果は、周辺人口が少ないうえに認知が浸透しにくい立地とのことで、大変に厳しいものでした。報告書にある立地評価のポイントを参考活用して、別の物件を探すことにしました。

●コンビニFCに加盟したオーナーDさん
本部が紹介してくれたオフィス街の物件で、本部の予想日商は50万円でした。少し高すぎるのでは、と不安に思いソルブに調査を依頼しました。予測は日商35万と低かったので、その物件は保留しました。その後、別の住宅街の物件を見つけたので調査してもらったところ、いい結果が出たのでそこに決めました。今では雑誌にも取り上げられる繁盛店になっています。

PAGETOP
Copyright © 有限会社ソルブ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.