商圏分析や売上予測で飲食店・美容室・居酒屋など店舗の出店戦略をサポート。商圏分析ソフトの販売も行っております。

立地調査・売上予測調査

あなたに代わって高精度な立地調査・売上予測調査を行います。

圧倒的な立地調査経験数(10,000件以上の実績)

調査の実績


出店開業の立地でお悩みの経営者・ご担当者の皆さまのために

出店の95%以上は利益が取れるようになる調査代行サービスです。

個別の物件について、ソルブがあなたに代わって立地調査・売上予測します。

「物件選定のリスクは、少しでも回避したい!」「立地を見誤って撤退する店をなくしたい!」
その実現のために、高精度な立地判定/売上予測ノウハウを、ご利用しやすい料金で提供いたしております。

離島・遠隔地はもちろん、日本全国どこでも参ります。

2つのプランをご用意しております。

1)立地の良否を判定する「立地調査」

2)出店後の売上を予測する「売上予測調査」

※売上予測調査には立地調査の内容が全て含まれます。

 立地調査・売上予測調査 見積り依頼 ← 候補地が見つかったら、まずは、こちらで。

11081570_839344816141780_1265727085_n

特徴1 科学的で高精度な立地調査、売上予測調査です。

ソルブは、小規模店舗(概ね150坪以下)の売上予測を専門とするコンサルタント会社であり、はじめて科学的な立地判定を提唱した、業界のパイオニアです。

調査の実績

メガチェーンから個人起業家までを対象とした、二十余年間の数千件におよぶ実績が、その精度を支えています。

特徴2 新規出店のリスク回避・不振店対策を目的とした調査です。

■新規物件を調査する場合、「業種業態に適した立地かどうか」がわかります。
また、売上予測調査であれば「開業後の売上」がわかります。
これにより、立地選択の失敗を最小限に防ぐことができます。

■既存店調査の場合、「立地のもつ本来のポテンシャル」がわかります。
不振店であれば「立地のせいなのか、それ以外のせいなのか」がわかります。
今後の方針の検討に役立つでしょう。

特徴3 幅広い業種業態に対応しています。

一般飲食店・レストラン、ラーメン店、居酒屋、ファストフード、カフェ、惣菜店、
コンビニエンスストア、ドラッグストア、スーパーマーケット、ベーカリーショップ、
ゲームセンター、カラオケ、複合カフェ、書店、ブランド品買取、リサイクルショップ、
クリニック、理美容院、整体・接骨、ネイルサロン、クリーニング、中古車販売、ほか
幅広い業種業態に対応しています。

※ここに該当しない業種でもご相談ください。原則として、
立地調査は、不特定の人々をターゲットにする店舗であれば業態を問わず可能です。
売上予測については、ご依頼者の開示データにより一部制限のある業態があります。

どのように調査するのですか?

ソルブの立地判定/売上予測をするための調査方法を「実査」といいます。
実査は、平日の人々の動きが安定した時間帯に、専任の熟練担当者が行います。

調査範囲は、
通行人対象立地の場合で物件周辺約 500m圏内、
ロードサイド立地の場合で約4~5km圏内です。

担当者は調査範囲を徒歩や車でくまなく観察し、
実際に商圏内で生活している人々の立場で物件立地の良否を分析します。

評価基準は、SORBICS(ソルビクス=科学的立地理論)に基づく客観的なものです。
ビジネスの成否、売上に関わる要因に絞って調査

ソルブのこれまでの研究で明らかになっている、多くの商圏要因、立地要因から、
とりわけ重要な、商圏の規模、商圏の質、PC(需要集合体)、TG(交通発生源)、
動線評価、ランドマーク評価、視界性評価、インアウト評価、競合評価など、
出店判断・売上予測のために必要にして十分な調査を行います。
※通行量(交通量)調査について
本調査の実査では、 原則として、交通量(通行量)の調査は行っておりません。
ただし、ドライバーや歩行者の「質」を把握するために、必要に応じて短時間の計測を実施する場合はあります。

どのように売上調査するのですか?

ソルブ独自の『汎用モデル』を用います。

「汎用モデル」とは、ソルブがこれまでの蓄積データを元に構築した売上予測式です。
ベースは重回帰分析で、立地の種類ごと業態ごとに複数のモデルがあります。
ご依頼物件の立地、予定業種業態にあわせて最適なモデルを用いて予測します。
既存店がある場合は売上データ等をご開示ください。

お客さまの既存店(参考店)データを「汎用モデル」に照合させ補正することで、より精度が高まります。
十分なデータが開示できない(既存店がない)場合は、「汎用モデル」のみでの予測となります。
「汎用モデル」が使えない業態の場合は?

既存店データをご開示いただければ、比較法や範囲限定法による予測も可能です。
まずは、お問い合わせください。
※開示されたお客さまの情報の秘密は遵守します。
※「汎用モデル」のアルゴリズムは非公開です。何とぞ、ご了承ください。
※汎用ではなく「専用モデル」での予測をご希望の場合は、別途、モデル構築のための
サポートサービス(=出店調査部を設立しますモデル作成を代行します)をご利用ください。

売上予測の精度は?

開示していただく情報により、精度そのものは変動します。

統計的な手法(重回帰分析)を用いておりますので、従来の回転率法や
市場シェア率法などと比べ、精度の高い売上予測を実現しています。

また、開示データが多く正確であるほど精度は上がります。

なお、売上げを左右する立地以外の要因(商品力や営業力など)は売上予測では加味していません。

調査の実績

※本調査サービスは開店にあたってのリスクを軽減することに目的があり、
実際の売上げを保証するものではありません。

 立地調査・売上予測調査 見積り依頼 ← 候補地が見つかったら、まずは無料見積りを!

調査結果はどのようにして分かりますか?

●A4サイズ冊子/40ページ前後
●報告書の構成
調査概要
結論・立地評価 ・・・ 総合所見/立地評価点/立地要因別評価表/レーダーチャート
商圏地図    ・・・ 物件の周辺図に実査写真・立地のポイントを記載したもの
(売上予測値) ・・・ 最も実現可能性の高い理論値(予測依頼があった場合)
(立地比較表) ・・・ 既存物件との比較表(過去に調査実績があった場合)
調査分析の詳細 ・・・ 調査による立地要因別評価とその詳細を解説

【商圏の規模】 主要統計データ/分布状況/商圏の拡大縮小要因など
【商圏の質】  マーケットの状況/住民の質/各種統計グラフ集など
【接近容易性】 TG(交通発生源)評価/動線評価/インアウト評価など
【知覚突出性】 ドライバー視界性/歩行者視界性/視界性改善案など
【土地建物制約】 物件規模・形状/段差・傾斜/周辺環境など
【競合制約】 類似店分布(概観)と所見
資料(統計データ集) ・・・ 物件周辺の国勢調査(2010年)商業統計
(2007年)データなど500項目以上。

調査費用はどのくらいかかりますか?

費用は、調査物件の立地種別、エリアなどにより異なります。
ご発注に際しては、お見積書をご確認ください。

《参考》費用の目安(1物件あたり)

立地種別 通行人対象立地 ロードサイド立地
(ドライバー対象立地)
商業施設内立地
立地調査
基本料金
100,000円

消費税
130,000円

消費税
130,000円

消費税
売上予測あり 上記に、+50,000円(+消費税)
遠隔地調査 上記に、+30,000円(+消費税)+宿泊費(実費)
交通費  — 実査車両費(レンタカー代・ガソリン代実費)ドライバー日当(10,000円)
移動交通費(東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県内の場合は弊社負担)

※埼玉県 北与野駅より片道2時間以上のエリアを遠隔地とさせていただきます。
※オプションや割引もあります。詳しくは お問合せください。

 立地調査・売上予測調査 見積り依頼書 ← 候補地が見つかったら、まずは、こちらで。

※ご発注は、お見積書につきます「発注する」をクリックしてください。
※ご発注に際して、キャンセルポリシーにご同意いただくことになります。
キャンセルポリシー
ご発注以降キャンセルされた場合、以下の通りキャンセル料が発生いたします。
1.実地調査日(実査日)前日までのキャンセル:基本料金(売上予測がある場合はその料金を含みます。以下「基本料金」と言います)の30%+実費(幹線交通費・宿泊代等の予約キャンセル代を含みます。以下同様),
2.実査当日~納品前日までのキャンセル:基本料金の70%∔実費,
3.納品日当日のキャンセル:基本料金全額100%+実費とします。
なお、原則として、ご発注後の実査日の延期、調査物件の変更は承っておりません。

調査の実績

11081570_839344816141780_1265727085_n

 

PAGETOP
Copyright © 有限会社ソルブ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.