2015.5/15無料公開
 通行量が多いと言えば、オフィス街の平日はひじょうに多い。そういう場合のチェック項目は、統計です。仮に(図)のように、人口が「昼間人口」より少なかったら、「平日の昼間はなんとかなるでしょうけれど、夜間や休日はどうでしょう。難しそうですね」と交渉します。具体的な数字を挙げることができればなお良しです。ですから、商圏集計ソフトなどで武装することも大事になってきます(ネットで探せばいろいろな低価格ソフトが見つかります)。

 ただし、間違ってはいけないことがあります。
それは、「不動産業者さん」は、あなたの「敵」ではないということです。むしろ、あなたにとっては多くの物件を親身になって紹介してくれる心強い味方になるパートナーです。ですから、そういう方々の意見を頭から否定してはいけません。

店舗開発するなら必携 『最新版 これが繁盛立地だ!』

図