食品商業(商業界)2015.10月号にて、特集「ヤオコー千葉ドミナント化作戦」p27~38で、弊社の代表 林原安徳は「商圏分析」を担当。掲載されました。
タイトルは、「人口増加が止まり、高齢化が始まった中高層ビル街」、そして、分析結果は、「地域の利便性が高まり、人口の自然減や高齢化を上回る新たな世帯数の増加、需要増加が実現できる限り投資効果は十分に期待できる」というもの。持って回った言い方をしているが、要するに、このドミナント化作戦にネガティブ。あと5年もしないうちに結論が出ると思われる。
12033406_931495036926757_1056362358_n12007276_931495043593423_313223744_n11853908_931495033593424_2145315155_n

 

12007029_931495040260090_2056935162_n